FC2ブログ

【無料】美乳・巨乳動画フィニッシュ

DMMなどのアダルト動画を、コメントや思わず見たくなるようなタイトルで紹介するブログです。男性はもちろん女性でも安心してご覧いただけます。

【美巨乳+人妻+痴〇+露出+篠田あゆみ】ある日一人の男が人妻に接触!それは夫との出会いのきっかけとなった痴〇で逮捕された男だった。しかし痴〇から助けてくれたはずの夫から衝撃の告白を受けた。なんと冤罪だったのだ!それから篠田あゆみは淫らな夢に悩まされるようになっていた。気が付くとバスの中で全裸で全身を縛られIカップの大きくて形の良い爆乳に食い込み、アソコにも縄が食い込み悶絶する自分。すると突然周りに大量の乗客が現れ口々に「あんたのせいで罪のない男が逮捕されたんだって」「冤罪はひどいよなぁ」次々に浴びせられる言葉に罪の意識を感じる人妻。そして男たちの手は縛られて無防備な人妻に手を伸ばし更なる反省を促すように人妻の熟れたカラダをいやらしくまさぐりはじめる。「ごめんなさい・・ごめんなさい・・」と何度も心の中で謝る人妻。そして「はっ」と目が覚ます。冤罪により一人の男性の人生を狂わせたことを後悔した人妻は男性に謝罪することを決意する。どんな罰でも受けよう・・と。バスで再び男と接触。人妻は男についていき「あなたが逮捕されたのは間違いだったようです。すみませんでした」と謝罪。しかし逮捕後会社をクビになり、厳しく罪を追求され追い詰められて人生が狂ってしまった男がそんな口だけの謝罪で許すはずもなく「服を全部脱いで土下座しろよ!」と要求。人妻は唇をかみしめながらも自分の過ちを認め、男の目の前で服を一枚一枚脱ぎ始める。男にじっと見られ恥ずかしさに耐えながらIカップのおっぱいを覆うブラに手をかけ隠しながらも脱ぐ。しかし夫以外の男性に胸を露わにするのはさすがに抵抗があり咄嗟に手ブラで隠してしまう。しかし男の「隠さずに全部見せろよ」の無言の視線を受け、そしてパンツに手をかけ全裸になる。その場で両膝と両手を床につき深く頭を下げ土下座した。すると男は人妻の顔を手であげて縄を見せた。「きっとこの縄で私を縛って辱めるのだろう・・。一度だけ、一度だけなら」と勝手に思った人妻だが両手を縛られ全身を縛らながら「夢が現実になっている・・犯されてしまうの?でもそれだけは許して・・」とそう思ったに違いない。男は自身の大きく反り返るように勃起したちんぽを差し出し「わかるだろ?」としゃぶらせた。大きすぎるちんぽは喉奥まで到達し人妻を「ゴホッゴホ」とむせさせたが、「苦しいか?でもなぁ、俺の受けた苦しみはこんなもんじゃないんだよ」と人妻を苦しめるように頭を押さえて無理やりイマラを続ける。人妻のフェラしながらの泣きそうな顔に男は満足したのか、人妻の手を縛っている縄をほどき始めた。「あぁ・・やっと許してくれた・・」と思ったのは勘違いで今度は両手をバンザイさせされておっぱいの間にちんぽを入れられて男の両手で揉まれながら強制パイズリが始まった!縄で縛られて圧迫により敏感になっているのか、痛いはずが逆に感じてしまい声をあげはじめてた。男がイキそうになってきたようで、ふたたび巨根を口に突っ込まれ手コキも強要されてとうとう口内に発射され舌はザーメンまみれに・・。「でもこれできっと許してもらえる・・」と零れ落ちる精液を見つめながら思ったのも束の間、男は「アンタはこれから俺の玩具になるんだ。」その一言に人妻は悟った。「私の罪はまだ消えていない・・。彼の言いなりになって弄ばれ、彼の性欲を満足させることで私の罪が消えるかもしれない・・だから彼には逆らえない・・たとえ犯されたとしても」

【美巨乳+人妻+痴〇+露出+篠田あゆみ】ある日一人の男が人妻に接触!それは夫との出会いのきっかけとなった痴〇で逮捕された男だった。しかし痴〇から助けてくれたはずの夫から衝撃の告白を受けた。なんと冤罪だったのだ!それから篠田あゆみは淫らな夢に悩まされるようになっていた。気が付くとバスの中で全裸で全身を縛られIカップの大きくて形の良い爆乳に食い込み、アソコにも縄が食い込み悶絶する自分。すると突然周りに大量の乗客が現れ口々に「あんたのせいで罪のない男が逮捕されたんだって」「冤罪はひどいよなぁ」次々に浴びせられる言葉に罪の意識を感じる人妻。そして男たちの手は縛られて無防備な人妻に手を伸ばし更なる反省を促すように人妻の熟れたカラダをいやらしくまさぐりはじめる。「ごめんなさい・・ごめんなさい・・」と何度も心の中で謝る人妻。そして「はっ」と目が覚ます。冤罪により一人の男性の人生を狂わせたことを後悔した人妻は男性に謝罪することを決意する。どんな罰でも受けよう・・と。バスで再び男と接触。人妻は男についていき「あなたが逮捕されたのは間違いだったようです。すみませんでした」と謝罪。しかし逮捕後会社をクビになり、厳しく罪を追求され追い詰められて人生が狂ってしまった男がそんな口だけの謝罪で許すはずもなく「服を全部脱いで土下座しろよ!」と要求。人妻は唇をかみしめながらも自分の過ちを認め、男の目の前で服を一枚一枚脱ぎ始める。男にじっと見られ恥ずかしさに耐えながらIカップのおっぱいを覆うブラに手をかけ隠しながらも脱ぐ。しかし夫以外の男性に胸を露わにするのはさすがに抵抗があり咄嗟に手ブラで隠してしまう。しかし男の「隠さずに全部見せろよ」の無言の視線を受け、そしてパンツに手をかけ全裸になる。その場で両膝と両手を床につき深く頭を下げ土下座した。すると男は人妻の顔を手であげて縄を見せた。「きっとこの縄で私を縛って辱めるのだろう・・。一度だけ、一度だけなら」と勝手に思った人妻だが両手を縛られ全身を縛らながら「夢が現実になっている・・犯されてしまうの?でもそれだけは許して・・」とそう思ったに違いない。男は自身の大きく反り返るように勃起したちんぽを差し出し「わかるだろ?」としゃぶらせた。大きすぎるちんぽは喉奥まで到達し人妻を「ゴホッゴホ」とむせさせたが、「苦しいか?でもなぁ、俺の受けた苦しみはこんなもんじゃないんだよ」と人妻を苦しめるように頭を押さえて無理やりイマラを続ける。人妻のフェラしながらの泣きそうな顔に男は満足したのか、人妻の手を縛っている縄をほどき始めた。「あぁ・・やっと許してくれた・・」と思ったのは勘違いで今度は両手をバンザイさせされておっぱいの間にちんぽを入れられて男の両手で揉まれながら強制パイズリが始まった!縄で縛られて圧迫により敏感になっているのか、痛いはずが逆に感じてしまい声をあげはじめてた。男がイキそうになってきたようで、ふたたび巨根を口に突っ込まれ手コキも強要されてとうとう口内に発射され舌はザーメンまみれに・・。「でもこれできっと許してもらえる・・」と零れ落ちる精液を見つめながら思ったのも束の間、男は「アンタはこれから俺の玩具になるんだ。」その一言に人妻は悟った。「私の罪はまだ消えていない・・。彼の言いなりになって弄ばれ、彼の性欲を満足させることで私の罪が消えるかもしれない・・だから彼には逆らえない・・たとえ犯されたとしても」