FC2ブログ

DMMなどのアダルト動画を、コメントや思わず見たくなるようなタイトルで紹介するブログです。男性はもちろん女性でも安心してご覧いただけます。

【巨乳+人妻+熟女+ショタ+母乳+NTR+輪姦+中出し+敷根まほ】出産後の熟れた主婦のカラダを慰めたの少年輪姦団でした!バックでお尻を掴んでパンパン突きながら乳首をひねって母乳を絞り出しす!夫に相手にされない人妻はショタの激しい攻めに「おねがい!私の子宮に精液を支給して~」旨の懇願をして、見事、欲求不満のおまんこに中出し!こどもちんぽの精子で孕んでしまうのか!?

0


動画イメージ oppai_iine_4556.jpg

鬼畜ショタたちとのセックスで母乳を絞り出されおっぱいはびしょびしょ!屈辱的に犯されても止めれない!
oppai_iine_4557.jpg

動画

DMM


完全版はこちら


作品紹介
【巨乳+人妻+熟女+ショタ+母乳+NTR+輪姦+中出し+敷根まほ】出産後の熟れた主婦のカラダを慰めたの少年輪姦団でした!バックでお尻を掴んでパンパン突きながら乳首をひねって母乳を絞り出しす!夫に相手にされない人妻はショタの激しい攻めに「おねがい!私の子宮に精液を支給して~」旨の懇願をして、見事、欲求不満のおまんこに中出し!こどもちんぽの精子で孕んでしまうのか!?
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.
【巨乳+人妻+レ〇プ+NTR+中出し+松下紗栄子】紗栄子が開いたフラワーアレンジメント教室は盛況だった。しかし紗栄子の美貌に目をつけた男が営業と称して紗栄子に近づき、自宅に上がりレ○プしたのだった。紗栄子は必死に抵抗するも男の力にはかなわず、服を脱がされ全裸で、愛する夫と平穏な時を過ごすソファーの上で巨乳を寄せられて正常位で中出しされてしまう。悲しにうちひしがれる紗栄子。夫にはとても打ち明けられられず、途方にくれているとそのの弱味につけこむように男の行為はエスカレートし犯し続ける。バスルームではシャワー流しっぱなしでバックから大きめの乳輪のおっぱいを乱暴に揺らされて、キュっとくびれた腰を掴まれて激しく突かれる。さらには男の魔の手は夫婦の寝室にまでおよび、アイマスクで目隠しをし、後ろ手で縄で縛って、紗栄子の口にデカチンを喉奥まで突っ込み、頭を押さえつけてアイマスクに顔射!絶倫の男はさらに紗栄子を押し倒し生で犯し続けた。「おねがい!もう許して!夫が帰ってきちゃ・・あぁん・・」と自分を犯す悪い男にお願いするも聞き入れられず、やられ続ける。普段ならこのようなプレイの趣味はない紗栄子だが、男の性欲の捌け口となり何度も絶頂を味わい、隠れていたMの気質が覚醒してしまったのだ。それでも夫を愛する気持ちは変わらず、絶対に夫には知られたくない、嫌われたくないという気持ちを持ち続けていた。しかしその純粋な想いを男に利用されて最悪の結果を迎えることになる。普段より早くから帰った来た夫が待ち構えていた男に殴られ気絶させられビニールテープで緊縛される。男は夫を引きずりベットの下まで運ぶ。紗栄子とのセックスを見せつけるためだった。紗栄子はそのまま男とのセックスを見られてしまう。縛られて動けない夫に男は紗栄子のおまんこと自分の巨根の結合部を見せつけるように背面座位で犯し、紗栄子は自分の言いなり所有物であることを決定的にするために種付けの中出しを実行する。夫の目の前で犯されイカされ中出しされて、絶望と絶頂の両方を味わう紗栄子のアソコからは大量の精液が流れていた。
PREV
NEXT
【巨乳+姉弟+近親相姦+温泉+中出し+三原ほのか】家族で訪れた温泉。姉と久しぶりに一緒に温泉に入ることになったのだけどさあ大変!おっぱいが大きすぎてどこに目をやっていいのかわからなかったのです。にもかかわらず僕にくっついてきて身体を「成長したね~」とペタペタ触る姉。その時僕の股間に姉の手が当たって、気まずい空気に。「お姉ちゃんのオッパイ見て大きくなっちゃったの?」「うん・・」少し距離を取る姉。「ごめんね。勃起を我慢しててきつかったでしょ?お姉ちゃんが手でさすってあげるからね」僕のちんぽを手コキし始めた姉。僕も我慢できなくなってきてずっと気になっていた姉の胸を触り始める。最初は片手だったけど両手で荒々しく姉の胸を揉んでいた僕。乳首も気になって「舐めたいの?ちょっ・・ちょっとだけだからね」と姉が言い終えないうちに僕は乳首にしゃぶりついていた!そこからはもう記憶が途切れ途切れで姉のアソコを舐めていた。気づくと姉の声で「今度は私が舐めてあげる・・」と僕のちんぽをフェラし始めた。姉が上目づかいで僕のちんぽを咥えているのを見たらもう我慢できなくなって、バックで姉のアソコに挿入していました。「待って・・ちょっとだけ・・」という姉の声がまた聞こえた気がするけど、僕が正気を取り戻したのは姉のおまんこから大量の僕のザーメンが流れ落ちるのを見たときでした。その時は「しちゃったものはしょうがないでしょ?」と優しく頭を撫でてくれるいつものお姉ちゃんに、いつもの姉弟に戻っていたのです。もし姉を妊娠させてしまったらどうしよう・・と姉の次の生理が来るまで悩む僕でした。